Youtubeチャンネル「今日ヤバイ奴に会った」の中毒性が半端ない

昨日いつものようにyoutubeで動画漁ってたら、めちゃくちゃ中毒性のあるチャンネルを見つけました。

「今日ヤバイ奴に会った」というチャンネルです。

インドのメシ動画

「今日ヤバイ奴に会った」は、インドの飲食店の様子をアップしているyoutubeチャンネルです。

インドのたまご300個スクランブルエッグの作り方 / 300 eggs Bhurji

「常識がぶっ飛ぶ国」(ジョーブログ曰く)っていわれるインドの文化を安全な場所から手軽に見れるのがすごい良いんですが、編集とアップ主の独特の言い回しもおもろいです。

インドの料理店大体荒っぽい

撮影しているのはインドの屋台なんで「衛生面への配慮」っていう概念がそもそも存在してないです。

どの店も大体汚いですし、前の調理で使った鍋は洗わず使うのがデフォ。ガスコンロの周りにはほぼ確実に食材が飛び散ってます。

ついにリスナーまで感覚ぶっ壊れて、どう見ても汚い店の動画に「ここはステンレスで囲まれててすごい綺麗ですね」ってコメントついてました。インド恐ろしい。

調理自体もめっちゃ荒いです。

インドのあんかけ焼きそばの作り方 / Chicken Triple Noodle

この動画なんか入れた野菜の半分くらい飛び散ってます。
わざとやってんじゃねぇの?ってくらいの荒っぽさ。好きです。

インドの料理カロリー高すぎ問題

インドって酪農が盛んらしいですね。ちょっと調べたら、「世界最大の酪農国」って出てきました。初めて知った。

インド酪農・乳業事情~独特の消費と、旺盛な需要をまかなう国内生産体制~

それもあって乳製品がすごい安いらしいんですが、そのせいでバターとチーズの応酬がヤバイ。

インドの山盛りチーズピザの作り方 / Special Pizza

↑この動画なんてピザ作ってるはずなのに、ほぼチーズの塊が出来上がってます。
ちなみにこの量で180円だそうです。物価やっす。

基本的にどの料理作るにもバターとチーズが大量に使われてて、カロリー問題が深刻です。なぜインドの人太らないんだろうか…。

編集がおもろい

ここからは動画の作り手側の話。

動画の編集がかなり面白いです。

テロップが斬新

基本動画のテロップって邪魔にならないように画面下にだすと思うんですが、このチャンネルはすべて画面の真ん中にテロップを出しています。これがすごい斬新。効果はよくわかりません。でも見やすいし違和感は全く感じません。フォントも好き。

独特の言い回しが印象的

動画内のテロップで効果音と料理の説明をまとめてしているんですが、言い回しがすごい独特でかわいらしいです。

例えばこんな言葉をよく使います。

・思い出⇒洗い残し

・思い出防止シート⇒洗い残しがある皿の上に載せるキッチンペーパー的なもの

・万能ふきん⇒一度も洗わずにいろんなところを拭く汚いふきん

・バター拭き⇒バターをしみ込ませる用のパン

など、ちょっと皮肉っぽいです。

あと、擬音もテロップで出すんですが

さーさー(拭く音)
ペッ(ペースト状の調味料を入れる音)
ふぁさ(粉状の調味料を入れる音)
たん(おたまとかをフライパンに当てる音)
しゃこしゃこ(チーズを削る音)
がっふんがっふん(鍋を振る音)

など、字面にクスッとなります。入れるタイミングもばっちりで、合間合間に料理の説明が入るので飽きません。

BGMがよい

個人的にBGMがすごい好きです。なんかのんびりしてるし、インドの雰囲気に合ってるなーと。

海外に関する動画は需要ありそう

これはマーケティング的な話ですけど、Youtubeって視聴者が知らないこととか経験がないことをに疑似体験させるコンテンツが人気になるなぁと思ってて、その点で海外の動画っていうのは一定の需要がありそうですね。

編集の妙もありますけど、事実「今日ヤバイ奴に会った」もチャンネル登録者数24万人になってますし、それだけ「見たことがないもの」の需要が多いってことなんじゃないでしょうか?

そういえば海外系だと華音チャンネルも面白いです。

【衝撃】イギリス人に英検一級を解かせてみたらこうなるwww

主の人柄も良いし、英語の翻訳が全部関西弁っていうのもウケます。こちらもチャンネル登録者数は11万人。

今後は第一世代みたいなインフルエンサー型のyoutuberじゃなくて、コンテンツ重視のチャンネルが増えそうですね。しらんけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました